スムーズに設置するために|騒音を防いで快適生活を目指すなら|防音工事で静寂になろう
男の人

騒音を防いで快適生活を目指すなら|防音工事で静寂になろう

スムーズに設置するために

洗濯機

どこに依頼するか

洗濯機の取付をする場合は、購入した家電量販店や取付専門の業者に依頼するか、自分で取付を行うことになります。引越しの場合であれば、引越し業者に依頼しておくことも可能です。自分で取付する場合を除けば、料金が発生することが多く、料金は全自動・ドラム式・洗乾一体型などの洗濯機のタイプや、業者によって異なります。取付業者に依頼した場合は、全自動が1500円程度、ドラム式や洗乾一体型ですと4500円程度かかることが多いです。家電量販店であれば、購入と同時に依頼することで、取付は安価になる場合が多いです。引越しの場合は、業者によっては、引越し料金に洗濯機の設置が含まれており、無料での取付が可能な場合もあります。状況に合わせて、有利な取付方法を選びましょう。

確認しておきたいこと

ネット通販やオークションで安く購入した洗濯機でも、安価での取付が可能ですので、取付業者を利用する方も増えています。ただし、購入する前に、確認や準備をしておくとスムーズに設置できます。まず、新しい洗濯機の設置場所まで搬入し、設置するためのスペースがあるのかを確認します。搬入する洗濯機のサイズに加え、玄関やエレベーター、廊下などの幅をチェックします。目安としては、本体の寸法に対して、10cm程度の余裕があることが望ましいです。給水栓の位置や高さが、洗濯機の設置の邪魔にならないか確認しておくことも大切です。もし、防水パンが設置してあるなら、防水パンに収まるサイズなのかを事前に確認しておきます。古い洗濯機があれば、リサイクル回収料金として2300円(税抜)と運搬料も必要になりますので、それについても検討しておきましょう。